ゲームをひたすら漫画にしていく

好きなゲームを漫画にしたり、英語版を解説したり

セフィロスのいない世界(ファイアーエムブレム)

ff7クラウドがセフィロスから逃げるため、ファイアーエムブレムの世界に行く漫画。加賀信者など、FEファンのめんどうくささを述べている

すみません、めんどくさいFEファンなのは私です・・・。

 

別に「FEの生みの親、加賀昭三さんの作品しかFEと認めない!」「ティアリングサーガがFEの後継作品!」とか、掲示板で揉めたりはしないんですが(そういう人いますね・・・)、「ファイヤーエンブレム」って書かれるとイラッとするのは本当かも(笑)。

 

私は初代ファミコン版からずーーっとファンで、昔はFE公式掲示板(今はもうありません)に加賀さん本人が「ご隠居」というハンドルネームで降臨され、聖戦の系譜の初期設定を書いたり、ファンの質問に答えたりしていたことがあり、私もやりとりをしていただいたことがあって、「加賀信者」と呼べるのかはわかりませんが、やっぱりFEは加賀さんが作ったもの、という意識が強いかもしれません。

 

GBA以降の作品も面白いし、加賀さん時代の作品はさすがにもう今見るとグラフィックが古いですが、ストーリーやセリフ回しは、やっぱり聖戦~トラキアあたりが一番面白いって思うんですよね、今でも。なんか戦記っぽくて(←語彙力)。

 

FEが今では世界的なタイトルになっているのは嬉しいんですが、スマブラにキャラを出しすぎて、アメリカでは「スマブラに剣キャラばかり出す邪魔なシリーズ」扱いをされることが結構あるのが悲しい。

 

聖戦の系譜の感想:

トラキア776の感想:


ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 TREASURE